婦人科検診

婦人科検診について

婦人科疾患の中には、自覚症状の無いものも多くあります。
30歳になれば年に1回は婦人科検診を受けることをお勧めします。

検査項目

子宮癌も早期に発見できれば完治する可能性の高い病気です。

子宮頚部癌の発生率は30歳から徐々に増加します。そのため市民検診でも30歳からの検診をすすめています。子宮頚部癌検診は、子宮頚部を綿棒でこすり細胞を採取する簡単な検査です。痛みもほとんど無く短時間で終わります。

子宮頚部の変化を早期発見するには、最低でも年に1度の検診をお勧めします。最近では、性の低年齢化に伴い、ヒトパピローマウイルス感染から引き起こされたと考えられる子宮頚部癌発症者の低年齢化が問題となっています。

ヒトパピローマウイルスは主に性行為により感染し、無症状のまま大半の場合が自然治癒しますが、ごく一部が数年後に癌を発症させる事が知られています。性行為の経験のある女性であれば、20歳代であっても産婦人科で内診を受けられたときには癌検診を受けることがベストと考えます。

閉経後性器出血の原因のうち、約10%に子宮内膜癌があります。不正性器出血を認めた場合には直ぐに検査を受けて下さい。

内診・超音波検査

内診検査やエコー検査により、子宮筋腫や子宮内膜症をはじめとする婦人科疾患の診断を行います。卵巣腫瘍の発見にも非常に有用です。

乳房検診

触診とエコーにより検診を行います。
また、自分でできる乳房チェックの方法も指導しています。

医療法人社団 こうのとり会 西川レディースクリニック

兵庫県姫路市駅前町188-1
ピオレ姫路6F

病院案内はこちら

西川レディースクリニック受付

※予約制では無いので直接診察時間内に来院してください。

※初診の患者様は必ずPM6時30分までにご来院下さい。

お問い合わせは079-284-7177
メールでのお問い合わせはこちら

予約制では無いので直接診察時間内に
来院してください